2017年10月7日土曜日

カーテン

日本のラジオ『カーテン』の他の観客の感想で「気持ち悪い(のが良かった)」という文言をよく見かけるんだけど、俺にはそれがさっぱりわからん。いや、わからんわけではないのだが、俺にはむしろ、たまらなく気持ち良い。屋代秀樹氏の他の作品と比べても、物語の断片化が強いからかなぁ。登場人物が心情吐露するような流れがあっても普通10で語らせるところを7とか8で断ち切るかのようにして別の話につなげてみたり。今回の三鷹市芸術文化センターは空間がそこそこデカいから、最初から多数のダイアローグシーンをモザイク状に配し、それらをどう連携するかというパズルで遊んでいるように感じた。たとえば、アイスキャンディの使い方とかね。あれもほとんど言葉遊び的で、あのアイスがメロン味だろうがマンゴー味だろうがチョコミント味だろうがその正解はおそらく措定してなくて言葉のやりとりだけが空疎に空虚にしかし真摯さを失わない程良い熱量をもって交わされる。そんな、冷たいのに熱い、熱いのに冷たい、という感覚が「気持ち悪い」の正体なんだろうとも思うが、なかでも特にユーモラスなのは、武装勢力によって占拠された空間に閉じこめられた人質たち。事件の渦中にあって、誰一人として脱走を試みたり、生き延びるための方策を練ったり、不安に慄いて取り乱したりもしない。むろん、別のことでも考えなきゃこんな状況に耐えられない、冷静を装っているだけなのだと弁明はするけど、その現実逃避によって生まれた生煮えのような劇的空間に、囚われ人たちが背負っている記憶の破片が流れこむというのが、たぶん、この作品の仕掛けの構造。そのひび割れた言葉は故郷の〈島〉の土地に埋めてきたはずの愛や憎悪や幾ばくかの悔恨の情にも彩られて鈍く輝き、次第に辺りに大地の匂いがたちこめ始める。物語が進むにつれ、おそらくはあのテロリストたちも、というか、あのテロリストたちこそが真の囚われ人であるという事実が浮かび上がるわけだ。〈島〉vs〈陸〉という政治的磁場から無縁の外国人だけが自由奔放にふるまうことが許される、出口なしの空間。その牢獄を破壊することのみが囚われ人たちに残された最後の抵抗なのだろう。そんな、熱さと冷たさが混じりあう、過去と現在の交錯する歴史の末端にわれわれは生きている、と『カーテン』は語りかけているのだと思う。

2017年9月30日土曜日

市民の自発的服従について

日本の右翼政治の目指すところは、国家権威主義とでもいうべき市民の政府への自発的服従を理想とする反民主主義社会である。国内的には、市民が相互監視の目や密告の口として働き、不穏な空気を察知するやいなや逮捕拘束を散らつかせて支配を誇示する警察国家。国外的には、隣国との対話を軽視し、不都合な歴史を突きつけられると逆切れして失笑を買い、国際的孤立を深めることにはひどく鈍感。そのため外交はアメリカ依存から抜け出せず、沖縄の基地をいまだ手放せないし、欠陥の明らかなオスプレイ購入も容認、軍事予算は青天井。それでも国家主義を推し進めるため、経済的支配力をもつ大企業に対しては懐柔策としての減税。政治的にも経済的にも被支配階級の市民には容赦のない増税。バランスを崩した国内経済が成長するはずもなく、庶民の生活は次第に苦しくなり、教育・福祉予算も削り取られ、その結果、日本は世界有数の自殺大国に…

2017年9月29日金曜日

マイナー思想としてのリベラル

Carlos_Latuff
ごく一般論として、一党独裁がそのまま継続するのと、同じような極右志向だったとしても政権交替があるのとないのとでは、政治の形骸化や腐敗の進行度はあきらかに違うはずなので、希望の党に転向しようという民進党の議員を一概には責められないと思う。彼らの真意も個々それぞれに違うだろうし。ただ、重要なのは、自民党の安倍晋三と希望の党の小池百合子の両者には政治思想的に差がないことや、二人とも掛け値なしのポピュリストで、自分の人気を維持するためなら嘘も詭弁も、目障りなモノに圧力をかけることもまったくためらわない危険人物だということ。そしてその事実が、彼らのメディア戦略によって国民に周知されないでいるということだ。一方、日本の政治の趨勢を決定づけているのがテレビのワイドショーを見て判断するようなおっさんやおばちゃんたちであるということも、その裏返しなのだろう。まぁそれにしてもリベラル勢力のあまりにあっけない崩壊ぶりに唖然としてもいる、ここ数日間。おそらく、こうした状況への対処は、もうそれぞれができることをやるしかないということに尽きる。戦後、日本国憲法によって庇護されてきたリベラルな価値観などいまやマイナー思想なのだ。この日本においては。そこから始めるしかない。

2017年9月22日金曜日

愚者の断末魔

ルノワール《ルーベンス作「神々の会議」の模写》
いざ首相の責任が問われると、みずから明言した「丁寧な説明」など一度たりとも口にすることなく答弁から逃げ続け、憲法の要件を満たした臨時国会の召集要請にも応じず、それでも永遠に国会を開かないわけにもいかないので、今度は「(国会を)解散する」と言いだした。国会から逃げている間にやったのは、無意味なミサイル警報を鳴らして北朝鮮の脅威を煽ったことくらい。そういえば最近は、北朝鮮に対しても「対話より圧力」なんて言っている。嘘や詭弁が通じなくなると対話そのものを拒否し、おのれの握った権力で諸批判を押し潰そうとする。それが愚かな最高権力者の断末魔であることは明らかだ。けっして気持ちの良い風景ではないが、その現実をわれわれは目に焼き付けるべきだと思う。

2017年9月9日土曜日

私、共謀してます

もともと旧知の金原並央さんが出るってんで見に行った『ナイゲン(全国版)』がハンパなしにおもしろく、彼女は出演しない『わが家の最終的解決』も覗きに行き、そこでもガツンとやられるという具合にどんどん引き摺りこまれたコメディ劇団、アガリスクエンターテイメント。彼らが「その企画、共謀につき」と名付けた、ちょっと変わった公演の作り方をするという。劇団の稽古を公開したり、詳細な稽古日誌や執筆中の台本をWEB公開したりして、観客(共謀者)からの反応や意見を募りながら舞台製作を進めようという趣旨。その企画を知った時点では、アガリスクの稽古がどんなのか興味はあるけどねという程度だったが、まぁ新作を、出された料理を食べるように見るだけってのもつまらんなと「共謀券」を買ってみることにした。この「私、共謀してます」チケットで公開稽古が4回と試演会、そして本公演が1回見られるらしい。その結果、試演会まで皆勤賞!(笑)

ただ「公開稽古」とはいっても、最初の「稽古」は演目も決まっていない、普通にいう「企画会議」だった。メモ書きをタイプしたようなレジュメが配られると、3本の作品アイデアの概要が書いてあり「この『パズルとか伏線とか(仮)』ってのさぁ、よく読むとなんにも中身ないよねぇ」なんて話し合っている。驚いた。俺は、1本目は『友達が死んだ(仮)』2本目は『信玄が死んだ(仮)』うーん、なんで、みんな死ぬんだ?コメディなのに湿っぽすぎだろ?なんて思いながら雲をつかむような議論を聞いていた。こちらは部外の素人だし、3本目の『パズルとか伏線とか(仮)』など、なんかすっげーおもしろいやつ!パズル的っていうか伏線とかバンバン回収されてさぁ…というノリだけしかわからなかったかも。そして、そんなモヤモヤッとした会議の中で『信玄が死んだ(仮)』といちばんモヤモヤした『パズルとか伏線とか(仮)』のどちらかで進めることが決まった。

2回目の公開稽古というか企画会議というかはストーリーについて(作品は『パズルとか伏線とか(仮)』に決定)。とある商店街がモールに吸収されるかされないかでドタバタする話、あるいは、その商店街のアーケードを撤去するかしないかの問題で紛糾する話、あたりのアイデアに冨坂友氏(脚本・演出)の喰いつきが良いようだ。3回目は配役が決まって書き始めた前半部の軽い読み合わせ。最後の4回目がいわゆる「立ち稽古」だった(ただ台本の完成にはまだ時間がかかりそう)。公開稽古4回のうち、2回はベタに会議、1回はいわば試作台本の検討会議というべきか、で、やっとたどり着いた稽古らしい稽古が「架空の商店街の組合員による会議コメディ」なので、もうずっと会議をしているような。だから、アガリスクの稽古を見た感想は「きみら、どんだけ会議好っきやねん?!」というものだ(笑)

この作品、正式タイトルは『そして怒濤の伏線回収』に決まり、試演会も見た(本公演は9/15〜24、新宿シアター・ミラクル)。まだ荒削りながらも、当初のモヤモヤッとした会議のモヤモヤッとした「おもしろいコメディを作ろうぜ」という意志は強く生き続けているのではないか。これは凄いことだと思う。アガリスクエンターテイメントの代表作『ナイゲン』のアップデートにとどまらず、コメディ批評的な『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』の方法論などをぶちこみ、新しいコメディを開発しようという心意気。モヤモヤッとした雲を潜り抜けたのだから、最後は澄んだ青空が見たい。そこは心地良い狂騒と笑い声とが渦巻いているかもしれないけどね。

2017年9月7日木曜日

学園恋愛バトル×3

王子小劇場で上演中の劇団だるめしあん「学園恋愛バトル×3」の初日を観てきました!3本の短編作品、どれもおもしろいんですが、なかでも『絶対恋愛王政』は、もう小劇場界のカルト的名作として語り継がれる貴重な上演だとも思うので、超おすすめです!(今回が再演なので、見逃すと次いつかわかりませんよ!)物語は、とある学園を支配する生徒会女子軍と、地下活動を余儀なくされるアニメ研究会男子軍の仁義なき闘いが繰り広げられる、というもの。その「文化的」抗争の果てに何があるのか?爆笑しながらいつのまにか胸打たれる展開で、今夜、見て思ったのは、これっていわば、欧米の圧倒的軍事力を後ろ盾にした国家の政府軍と国内の少数派でイスラム教徒を中心とした反政府軍の内戦の物語みたいだなぁと。あれもキリスト教対イスラム教の対立だったりするわけで、その反政府軍のリーダーを柳内佑介さんが演じていて、本当に素晴らしかった。ネタバレになるから言いたくないけど、彼が謝罪するシーンは屈指の名場面です。まぁそこに至る前段階から素晴らしいですし、ほんと見て損しませんから、お時間ある方はぜひ!

2017年8月22日火曜日

掃除機、再び。

makita CL107FDSHW
以前の掃除機は処分してしまいずっと使ってなかったけど、最近はハンディタイプのものでもワリと良くできているらしいというのを聞きつけ、買ってみることにした。このMakita製はDyson製に比べれば激安だし、まぁモノは試しという感じ。ほんとはね、埃の溜まりやすいフローリングだからこそ、箒や雑巾でこまめに掃除すればいいんだが、この部屋へ引っ越してすでに5年、できんことはできんのだ。