2014年6月21日土曜日

カスパーホイザーメア


なにより、おもしろいなーと思ったのは、台詞の言葉に「深さ」がないところだ。「ソーシャルワーカーの苦悩」がテーマといえばテーマだけど、その社会問題の核心やら登場人物の内面の複雑さには、おそらく、意図的に踏み込んでいない(もしかしたら考えさせようとすらしていないかもしれない!)。そして、そういう「テーマ的価値」を与えないことで、このドラマを、それこそ、観客の誰もが自分の経験からテキトーに記憶を選び出して照合させられるようにしてあるんじゃないか?だいたい、現場の実情を無視するダメ上司(でんでん所長)やマジメすぎて潰れた同僚(ビョーン)が舞台に現われず、むしろ、現われないことによって彼らについての会話が盛り上がるなんていうのは、要は、彼女たちのやりとりが一般企業に勤めるOLの給湯室のお喋りと変わらないということである。だとするなら、この戯曲がドイツ本国で人気があるというのはほんとうによくわかる、と同時に、いやぁ難しい戯曲だなぁとも思う。なぜなら、この芝居が表面上どんなにシリアスであっても、それはポップでキッチュなものであることから逃れられないという前提で書かれているからだ。その意味で、映画でいうと、1960年代のゴダールが政治闘争を真剣に茶化した「中国女」などの作品と同じ血筋にあるようにもみえる。だから、この戯曲を舞台化する点で興味深いのは、芝居の演技や演出がどういうふうに「これはポップでキッチュなイメージの断片にすぎないんですよ」と「自己表明」するかというところだろう。たとえば、今回小道具に使っていた子供用おもちゃのマシンガンで登場人物の対立関係を強調するところ、あそこなんか、この舞台がキッチュをどう利用するかというわかりやすいシーンだが、あのカラフルなプラスチック製ガンは劇中の単純な心理的強度の比喩だけでなく、もっといろんな表現に使えるんじゃないかと思った。台詞を語るのにスタンドマイクを使うのも言葉のトーンを変えることでキッチュの度合いを高められておもしろいし、でも、ならば、台詞の音声の変化のさせかたにはもっと可能性があるに違いない!とも思った。そんなふうに「深さ」を欠いて、完成された世界観を提示するわけではないぶん、やたら想像力を刺戟するのだ!それに、この戯曲における「深さ」の不在というのは、現代文化的なキッチュの再定義に威力を発揮するはずだし、その意味で可能性に満ちた言葉の大海原を一望に見渡しているようにも感じられ、とても刺激的かつ気持ちの良い演劇作品だった。現在上演中の本作は明日、6月22日まで、東京・赤坂のエノキザカスタジオにて。今ならまだ見られるかもしれません。ご予約はi.n.s.n.project@gmail.comまで、お問い合わせを。

2014年6月17日火曜日

W杯観戦は西洋的

「イスラム過激派はスポーツ観戦を「西洋的だ」として禁止している」という。言われてみればたしかにそう。まぁスポーツそのものを敵視しているのではなく、スポーツ観戦という文化を生みだした、そして、その文化が補強しようとする「世界秩序」を問題にしているわけだが。過激派のテロ組織が政治体制のみならず、こうした庶民の文化まで標的にしていることの意味は大きいと思う。

2014年6月14日土曜日

音楽CDと音楽アルバム

THE SMITHS Complete
さすがに最新ヒットチャートをチェックする習慣はなくなって久しいので、今は自分の音楽体験の欠落を補おうというのが、CDを買う主な動機である。今日買ったのは、ザ・スミスの活動を網羅するコンプリートBOXというやつで、オリジナルアルバム4枚、ライヴアルバム1枚、コンピレーションアルバム3枚をまとめたもの。全8枚で5,030円だったから、まぁ悪くないでしょう。

今の若い人は、音楽CD、買わないよね。せいぜいレンタルしたCDをパソコンへ取り込むか、あるいは最初からダウンロードか、のどちらかじゃないかな。俺の場合、アナログレコードからデジタルCDへ切り替わる時期を体験した世代で、アナログ時代はまだあまりお金を使える年齢じゃなかったから、かろうじて「CD世代」というべきかな。でも、だからといって「やっぱりCDじゃなきゃ!」と強く主張する理由もないので、ちょっと肩身が狭い気分でもある。ただ、デジタル派には違いないし、データ保存の外部ドライブがHDDからSSDへ移行して、十分な性能と価格に落ち着いたら…どうなるかわからないな…

それでも、まだ考える余地があると思うのは「音楽CD」は「音楽アルバム」でもあるから重要だよねという視点。たとえば、1枚のCDに10曲収録して、10曲全体で一つの世界観を構築する。一つや二つの楽曲では表現しきれない、さらに高次の世界を作りだすという魅力は、デジタル化への移行のなかでも色褪せていないと思う。

とはいえ、再生環境のデジタル化はこのまま進むだろうから、だとすると、10曲でひとつの世界観を伝えたいという意図はどんどん曖昧になるし、その一方で、ジャズやクラシックのように1曲の時間を長くして複雑な構成にするといったものも増えて、創作スタイルの多様化のきっかけにもなるだろう。でも、ポピュラーミュージックの魅力は1曲数分というその短さにもあるから、音楽アルバムというスタイルはまだしばらく残るのではないか…

少なくとも、ポピュラーミュージックの歴史を回顧するという目的なら、音楽アルバムのもつ意味はとても重いので、俺の「音楽CDで買いたい」という気持ちはなかなか消えそうにはないけどね。

2014年6月7日土曜日

ベトナムの二人?

先月の「羽田の二人」の続編ですが、看板に多少偽りあり…いや、今日一日撮影した後、夜、江古田のベトナム屋台風居酒屋maimaiに行ったわけです。俺、江古田はホームタウン的に使っているものの、ここはまだ行ったことがなくて、でも、店の前はよく通るし、とある友人が好きな店だと言ってたので、前から行きたいなぁと思ってたんですね。で、今日は近所のスタジオが撮影場所だったので、もう、昨日から打ち上げはここ!と内心決めてて、雨中強制連行しました。なんか酒も入ったせいか、くだらないネタで笑って、それもまださっきのことなので、すげぇ逐一事細かに説明したい気持ちもあるんですが、きっと酔いが冷めたらさほどおもしろくないので…自制します。まっとうなネタとしては、この写真の下部にかろうじて写ってるベトナム風さつま揚げ、これ、エビと香菜が入って表面がカラッと揚げてあって、めっちゃ旨かった。他の料理も旨かったですよ。基本、ヘルシーだし。タイ料理を上品な甘口にアレンジした、みたいな感じかな?この店、江古田に行ったらお薦めです!南口の商店街にあります。

2014年6月4日水曜日

TF PLATE SDV

カメラプレートをセットした状態
以前ここに書いた、Sachtlerの三脚を買ったけれどカメラの重心バランスがとりきれない!という問題が、ようやく解決。結局、カメラと雲台を繋ぐプレートをサードパーティ製のものに取り替えた(カメラに重りを付けるなんて現実的ではなかった ^^; )。上の小さなプレートが雲台付属の純正品で、下の大きなプレートが新規に購入したもの。
ネジは任意の場所に移動可能
金属突起の大きい方がネジになっている。この写真ではどちらも最前部にはめてあるが、見ての通り、可動域が大幅に広がった。しかし、それにしても、ごく標準的なムービーカメラを載せるだけなのに、こんな部品が必要になるというのは想定外。Sachtlerはドイツのメーカーだが、日本製では考えられないのでは?
バランスプレートの上に載せて使用する
とはいえ、バランスのとれたSachtlerヘッドの操作感は完璧とまでいかなくとも、それなりに気持ちが良い。パンやティルトのスピードが調整できるし、カメラのボディはより安定したと思う。プレートそのものも一体物として削り出しており、加工の精度は良さそう…だが、いかんせん1万9,000円は高いというより痛い!でもまぁ、そこは撮影のクオリティを上げることで元をとろう。

2014年6月2日月曜日

Velbon FHD-51QN

新しいムービー雲台
先日の福島撮影には小型の三脚を携行したのだが、いざ準備という段階になって、雲台が異様に使い難いことに気づいた。それもそのはず、その雲台はスチール用のもので、スチールカメラというのは横長のボディだから縦長のムービーカメラとは形状が違う。そのためスチールカメラ向けに設計した雲台のハンドルがムービーカメラのボディに干渉し、まともなハンドル操作ができなかったのである。われながらなぜこんな雲台を買っちゃったのかと思ったが、記憶をひも解くと、それなりにダサい理由があった。というのも以前は一眼カメラも使っていて、近い将来、一眼で素晴らしいムービーが撮れるようになる!時代は変わる!と言われた時期があって――まぁ実際そうなったし――じゃあ雲台もスチール用でいいやと思って買ったのだった。状況判断は間違っていなかった。ただ、その後、高価なCarl Zeissのレンズをカビさせるという事件が起きてしまった!そのショックで、無精な俺にはデリケートなレンズ交換式カメラは無理だ!と断念したのである。そんな経緯があって、この小さくて軽いカーボン製三脚に相応しいムービー雲台を買い直すことにした…心変わりの対価は1万1,700円なり…
操作性か携帯性か
にしても、写真を見てもわかると思うけど、この三脚、ほんとにコンパクトなのでありがたい。むろん、高い位置から撮ろうとすると安定性に欠け、屋外なら風が吹くのも怖いくらいだし、パンやティルトの繊細な動きは望むべくもない。素早く水平を決められるレベラーもない。それでも、写真左のSachtler製三脚が4.5kgなのに対して(これでも業務用としては軽量な部類に入る)、右のVelbon製雲台FHD-51QNを載せた三脚は1.6kg!ほぼ1/3のボリュームに軽量化できる。カメラと三脚をもって山道を歩きたい、というようなとき、選択の余地はないだろう。まぁ荷物運びのサポーターがいれば話は別だけどね。