2014年6月4日水曜日

TF PLATE SDV

カメラプレートをセットした状態
以前ここに書いた、Sachtlerの三脚を買ったけれどカメラの重心バランスがとりきれない!という問題が、ようやく解決。結局、カメラと雲台を繋ぐプレートをサードパーティ製のものに取り替えた(カメラに重りを付けるなんて現実的ではなかった ^^; )。上の小さなプレートが雲台付属の純正品で、下の大きなプレートが新規に購入したもの。
ネジは任意の場所に移動可能
金属突起の大きい方がネジになっている。この写真ではどちらも最前部にはめてあるが、見ての通り、可動域が大幅に広がった。しかし、それにしても、ごく標準的なムービーカメラを載せるだけなのに、こんな部品が必要になるというのは想定外。Sachtlerはドイツのメーカーだが、日本製では考えられないのでは?
バランスプレートの上に載せて使用する
とはいえ、バランスのとれたSachtlerヘッドの操作感は完璧とまでいかなくとも、それなりに気持ちが良い。パンやティルトのスピードが調整できるし、カメラのボディはより安定したと思う。プレートそのものも一体物として削り出しており、加工の精度は良さそう…だが、いかんせん1万9,000円は高いというより痛い!でもまぁ、そこは撮影のクオリティを上げることで元をとろう。