2014年9月19日金曜日

人魚たちの反乱

真に優れた作品というのは破壊と創造の両方を成し遂げているはずだと思う。だから、ある者は破壊の一面を見て、酷い!と言うし、ある者は創造の一面を見て、素晴らしい!と言うし、同じ作品でも評価が分かれることになる。しかし、自分の知識やイメージのなかに理想の作品像があったとして、そして、それを実現したかのような作品に触れたとしても、それだけで革新的な創造であるとは断定できない。むろん、満足したし、感動もしただろう。にもかかわらず、第三者から見て、いかにも旧弊な既成の価値観を追いかけているだけということは少なくない。そうした感性の硬直化を怖れるなら、やはり、破壊と創造の両面において考えてみるのがいちばんだと思う。
『三人魚姉妹』(劇団だるめしあん、作・演出:坂本鈴)で痛快かつ感動的だったのは、とにかく三人姉妹全員が自分の信念や発言を見事に翻してしまうところだった。ただ、それはけっして他人を欺くためではなく自分自身も予期していないような直感に従ったもので、しかも、そのときこの舞台は観客が納得するような理由を十分説明したとはいえない。せいぜい物語上のキッカケを与えるだけで、たとえば、三女は「わからないということがわかった!」と叫ぶ。まるでソクラテスの哲学のように(という比喩が正しいかどうかわからないが)、とにかく真摯に破壊的なのだ。そして彼女たちはみずから世界の破壊者であることを選んで芝居の幕を下ろすのだが、この演劇作品が偉大な芸術的片鱗を見せるのは、その破壊者こそが、人魚の世界と人間の世界のあいだを往還し、新しい世界を、新しい世界の絆を結ばんとしていることにおいてである。だから、三人姉妹の誰もが小さな創造者でもあるのだろう。保守的な価値観へ回帰したかにみえる長女すらもが新しい絆を発見するのだから。

東京・千歳船橋のAPOCシアターで9月21日まで上演中!詳しくはリンク先にて!