2014年11月20日木曜日

ライバルは「ラ・ジュテ」

『ラ・ジュテ』
映画ではないのだが、劇団だるめしあんの『ぼくの彼女がこんなに浮気なわけがない』という演劇作品を本当に素晴らしいと思ったのは、なにをおいても、そのベースとなったシェイクスピア作品(『オセロー』)にささやかな反抗を試みているところだった。伝統の真の意味での継承というのは、過去の歴史の賞賛のみでは絶対にダメで、その歴史を更新する意志とともにあらねばまったく無意味だと思う。芸術における新たな創造も批判精神抜きにはありえないからだ。

いま作っている映画『disposal』に関してもやはり歴史、映画史の存在は大きい。企画を進めるにあたり、主演の西村俊彦氏に参考に見てもらったのは1962年の『ラ・ジュテ』という作品だった。知る人ぞ知る映画史上の名作の一本である。が、その後、この映画について突っ込んで語ることはなかったし、俺も製作の過程で思い出すようなことはほとんどなかった。というのも、それは『ラ・ジュテ』の劣化コピーを作ることが自分たちの目的ではなく、むしろ、それを超えるようなものを作りたいと考えたからだ(恥ずかしいので、そういうこと自体も口にはしなかったけれど)。お手本というよりも、先達をライバル視していたというか。

もし良かったら、『disposal』の試写にいらっしゃる前に、『ラ・ジュテ』のDVDを探して見てみてほしい(こちらも短編なのでネットに全編上がってたりするが、日本語字幕が付いていないので)。そして、観客に委ねるしかないその勝敗は、、、俺は死んでも負けたとは言わないよ!(笑)ただ、2012年に亡くなった『ラ・ジュテ』の監督クリス・マルケルに心から作品を捧げたい気持ちもある。そんなもんだ。