2014年12月21日日曜日

2014年回顧

今年は、年始に映画の最初の撮影をやってそれを作品として仕上げるまでが必死だったので、正直、なにか別のものを楽しむ余裕がなかったっす。去年だと、宮崎アニメ「風立ちぬ」の余韻のなかで過ごしたよなーという記憶があったりするんですが。

とはいっても、刺戟されたという意味でいうと、ドイツの戯曲を翻訳した舞台「カスパーホイザーメア」がその筆頭かもしれない。長田紫乃さんに譲ってもらった上演台本をパラパラ読んでも、やっぱりめちゃめちゃおもしろくて、これはちょっと映画表現のロジックと本質的に違うよなという印象も強かった。というのは、演劇の演劇たる所以というのは、俺から見ると、俳優の身体と台詞の音声が不可分にあるところかなと思うことがあって、むろん、一方にコーポリアルマイムみたいな身体表現的アプローチがあるにしても、身体と言語の構造を排斥するものではないはずなんです。

「カスパーホイザーメア」の台詞は、ソーシャルワーカーとして登場する3人の女性の愚痴や不満や鬱憤や嘆きや不安や悲鳴や妄想やそういう「叫び」のような言葉の集合体として書かれていて、いわゆる詩的な美しいイマジネーティヴな台詞はほとんどない。しかし、だからこそ、その「叫び」はなんというか言語として分節化された台詞であると同時に、混沌とした感情の母体としての身体の台詞でもある。そしてその両者の繫がりの強さがリアリズムの原動力となっている。それに、この作品はソーシャルワーカーたちの苦悩を描くにもかかわらず、物語のテーマを社会派的文脈に回収しようとしないところもユニークで、そのことによってより純粋な演劇的強度を獲得しているのかもしれない…

こういう作品に接すると、じゃあ映画は映画で、映像でなきゃできないことをやんなきゃな、と、たとえば、俳優の身体から台詞を奪い取り、アフレコ的にズラして使ってみようというようなアイデアの転換を促されたり、まぁ社会派も程々にね〜みたいな主題を語るときのバランス感覚に指針を与えてくれたりもしたはず。あと、この戯曲がドイツでめちゃめちゃ多種多様な舞台美術や演出のもとに再演を重ねているのをYouTubeで見てビックリしたんですが、まぁ原作者のフェリツィア・ツェラー恐るべしといったところでしょうか。

あれれ、こんなんじゃ今年の回顧になんないな〜もちろん、敬愛する友人たちの素晴らしい舞台からもたくさん刺戟を受けました!書き切れません!最近だと、劇団昴「ラインの監視」のクルトというか石田博英さんが子どもたちとの別れ際に自分は悪い事をしたんだって言い聞かせるシーン、もうウルウル泣いちゃったしなー。事あるごとに熱く語った、劇団だるめしあん「ぼくの彼女がこんなに浮気なわけがない」のチャーミングな戦闘への共感も、落語素見の最高に楽しい演し物の数々も、すべてが力になりました!みなさん、ありがとう!

でも、映画や本や音楽については、ほんと書けないやー、愕然。来年はもうちょっと、ゆとりのある生活にしたいっす。