2015年2月24日火曜日

原発から原爆へ

「熱風」2月号(スタジオジブリ刊)
さして期待しなかった「熱風」の最新号、思いのほか刺激的だった。というのも、特集テーマである「再生可能エネルギー」すなわち、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスなどの自然エネルギーが石油や原子力の代替エネルギーとして期待され、安全性はもちろん経済性からも世界のエネルギー政策の最先端にある一方、日本は未曾有の原発事故を起こしたにもかかわらずその潮流に逆行しているというアウトラインなら、まぁ俺でも知ってるので、そこを再確認するだけなら読んでてツラいだろうなぁと思ったのだ。

しかし「熱風」の語り部となったのは古賀茂明氏だった。最近は、テレビの報道番組でISによる人質事件への政府の対応を批判し「I am not Abe!」とぶち上げてコメンテイターをクビになったあの人である。彼の元・経産省官僚という肩書きもダテではなく、視野の広い政治経済の文脈のなかで日本の再生可能エネルギーの現状を明快に分析している(それに「熱風」は彼のインタビューに約40ページを割いているのだが、これが実に適量でありがたい!)

なかでも目から鱗だったのが、今まで釈然としなかった「それでも原発を動かそう」とする理由について。先日のエントリーで紹介した書物『日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか』でも直接的な議論は留保されていたので、「原子力ムラ」と呼ばれる金の亡者が跋扈する謎のネットワークが存在するらしいという魑魅魍魎のイメージは消えなかったし、その全貌が曖昧であればあるほど、未来のない原発事業を血眼になって死守する別の理由もあるのではないか?という疑問がおのずと浮かんできた。

そこに古賀茂明氏が辛辣な意見をガンガンぶつけてくる。古賀氏によると、今、原発を持ちたいという国々——トルコ、アラブ首長国連邦、サウジアラビアなど——は「核技術」を持ちたいと考えている。すなわち「原爆を造りますから教えてください」と言いうわけにはいかないので、まずは原発を造ろうというのが狙いである。そうした状況に加え、安倍晋三の国防の抑止力理論から考えると、安倍が原発にこだわる理由は明らかだ。なにしろ、原発のゴミとして産出されるプルトニウムは原爆の材料になる。だから、20年以上研究していまだ実用の目処が立たない核燃料サイクルの開発を止めないのも、そのプルトニウムは「核兵器」ではなく「燃料」にするため保有しているという口実になるからだ、という…

たしかに、すでに核兵器を持つ中国や北朝鮮に対抗しようという安倍晋三が意識しないはずはないというところか。それに原爆を造る技術そのものはそう複雑なものではないらしい。『太陽を盗んだ男』によれば、プルトニウムさえあれば、中学の理科の教師だって原爆を造ることができるのだ!

2015年2月22日日曜日

増村保造の世界

ワイズ出版映画文庫、各巻1,500円
1999年に出版された単行本を買い逃していたので、めちゃめちゃありがたい再編集版。でも、やっぱり造本は単行本のほうがいいなー。

それはともかく、この本をパラパラめくっていると、若き増村保造や大島渚たちが、小津安二郎や成瀬巳喜男の「小市民映画」や、増村が「現代が描けない」と評した溝口健二たち、戦後日本映画の先行世代に反発して創作活動を続けたことを思い出す。でも、現在から見ると、どちらの映画遺産もいまだ陳腐にはなっていないし、こうやって芸術というのは発展するんだよな、とあらためて考えさせられる。

だから、2010年代のわれわれも、もっともっと現状の(あるいはちょい過去の)なにがしかに反発してガツガツ作ることに躊躇する必要はない。むしろ、みずからがどれだけ妥協なく深められるか究められるかが問題なんだと思う。

2015年2月19日木曜日

河童草子

河童草子720ml(オガタマ酒造)
最近、手頃な焼き芋焼酎を探しているのだが、これは当たり!
美味しい!
「河童」は南九州地方で「がらっぱ」と読むらしい。
買ったのは小瓶だけど、一升瓶は2,000円台前半。値段的には、一応許容範囲内か…
地酒の銘柄を書いた貼り紙がたくさん貼ってある近所の酒屋さんで買った。意外にも、日本酒より焼酎のほうが品揃えが良い。
ふーむ、今はそうなんだ。

2015年2月18日水曜日

初・練馬大根!

地下鉄有楽町線・氷川台の駅から公園通りを少し上ると「創作料理MOKO」という洋風居酒屋がある。
よく覚えていないが開店してもう10年以上経ってるんじゃないだろうか?
気になってはいたものの入ったことがなかった。で、今夜初めて入ってみて、徳利一本とおでんの盛り合わせを一皿頼んだ。ポン酒はもちろん熱燗。あと、お通しも含めて税込1,674円。
まぁチョイ高なのでオーダーはギリギリまで絞りました… ^^;
それはともかく、帰り際に店の外観を撮ろうとしたら、こんな黒板が…
つまり、このおでんの大根は練馬大根?
初めて喰った!!!
ちょっと嬉しい!
美味しいし、雰囲気も良いお店だが、この値段(700〜800円のメニュー多し)だと気軽には寄れないかもなぁ。
でも、練馬の野菜を食べにまた行きたい!

2015年2月11日水曜日

タイヤ交換

Schwalbe - Marathon

昨年の春にロードバイクを買って以来、ほぼ初めてに近いメンテナンス。クロスバイクをロードバイクに変えると勝手も違うようで、すげぇ苦労した。たとえば、チューブを替えたら、リムとバルブのサイズの適合がギリギリだったり…とにかく久しぶりの作業だし、タイヤ&チューブ交換に丸一日費やしてしまった… ^^;

これまで一度もパンクしなかったUltra Sportsは素晴らしいタイヤだけど、大きな欠点もあった。路面が濡れると、制動力がガタ落ちするのである。ハデに転んだのも一度や二度ではなく、ケガをしなかったのはママチャリの速さで走っていたからで、それでも気を抜くと、転ける。雨が降るたびヤバいヤバいと思い続け、ようやく換装。タイヤの太さも28mmから32mmへ。これでびっくりするほど走行性は安定した(ただ雨天性能は未確認)。ついでに、華奢すぎたキックスタンドも、ごく普通のスタンダードなものに。

暖かくなったら、ツーリングしたいなぁ。

まぁいろいろ苦労させられたUltra Sportsだけど、9カ月間ご苦労さまでした。m(._.)m
Continental - Ultra Sport II

ニューヨークタイムズの風刺画

constitutional revision =憲法改正
心ある人はすでに危惧していたと思うけど、外から見ると日本がどうなってるかよくわかる。というか、外から見てもやはりそうか…

2015年2月10日火曜日

映像の闇鍋

「さらば、愛の言葉よ」
おそらく、ゴダールが3D映画を作った!という話題性もあって日本公開にこぎつけた本作。客入りは厳しそうだけど、作品は最高でした!俺はこの監督のゴダールって、まさに映像の闇鍋奉行だなと…普通のごった煮を超えて闇鍋。箸で何を摘まんでいるのかわからないくらいにドキドキ。だから、通常の物語映画にあるような説明カットがない、とか、ハイセンスな映像コラージュが展開する、とかいう以上にラジカル。3D映像の特性を好き放題使った闇鍋、きみにこれを食べる勇気があるかい?と問いかけてくるというか…

映像表現の一般論で言うと、3D映像というのは空間の奥行きや距離感、被写体の立体感を強調するので、いわゆる「詩的映像」になりにくいのです。たとえば「深い霧の中に浮かび上がる古城」なんていうと詩的映像の典型例だったりしますが、それは見る者の対象との距離感を曖昧にして、一枚絵として完結するからですね。しかし、その古城の立体感が強調されるとなると、詩的にはならないかわりに迫力や緊張感が増す。闇鍋奉行のゴダールはそんな3D特有のアンチ詩的映像と、3Dカメラの特性を利用した独特の形態感覚や色彩感覚を織り交ぜて新しい映像体験を準備した、というわけです。

だから、素直に「美味しいね」とは言える人は少ないかもしれない。なんか喰ったことない味だな?ほんとに喰えるのか?なんだよこれ?みたいな感じ。変な度胸と好奇心だけはあるという変わり者にはこれほどのご馳走はないのでありますが…

2015年2月6日金曜日

法の裂け目を読む

「日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか」
これはおもしろい!ざっくりまとめると、米軍基地や原発の問題に通底するいわば「法の裂け目」が、戦後、日本国憲法の成立過程において生まれ、その裂け目こそが、未成熟なまま袋小路に陥った日本社会の致命的欠陥として機能し続けてきた。だから本書は、米軍による占領期まで時代を遡り、憲法の草案を準備したGHQとその憲法のもと日本再生の象徴となった昭和天皇との関係を事細かに追うといった検証を積み重ね、いかに日本国憲法の理想主義と現在まで続く米国の軍事政策とが表裏一体になっているかを解き明かす。その議論は説得力十分で何度も唸らされたし、結果的に、国際社会における日本の特異性を描き出したともいえるだろう。大推薦の一冊!(矢部宏治 著、集英社インターナショナル 発行、1,200円+税)
p.s. 装幀が良いなと思ったら、鈴木成一デザイン室でした。

2015年2月1日日曜日

汚れた涙

たとえ、湯川遥菜さんがどんなに愚かだったとしても、たとえ、後藤健二さんがどんなに無謀だったとしても、彼らに責任を押し付けるわけにはいかない。それは、われわれ自身の責任転嫁にすぎない。

貴様の汚れた手で、死者を鞭打つな!

貴様の汚れた涙で、死者を葬り去るな!

イスラム国を絶対悪にするな。それは、われわれ自身が責任放棄の洞窟へ逃げ込むための方便にすぎない。イスラム国が突きつけるのは「この暴力はアメリカや日本のお前らがやっていることと同じだぞ」というメッセージだからだ。

ゆえに、正義か?悪か?の問題に決着はつかない。

ゆえに、正義の戦争など幻想にすぎない。

だから、日本がこの世界戦争(テロとの戦い)に加わるなどもってのほかであり、むしろ、この戦争を仲裁すること以外に生き残る道はないと思う。

世界戦争の被害者たちに、心から哀悼の意を捧げたい。