2015年4月29日水曜日

読み始めた…

荒川弘の「鋼の錬金術師」は大ファンだったが、現在連載中の「銀の匙」はなんとなーく読んでない。いざ読めばそれなりにおもしろいのだろうが、おそらく、俺のバトルやアクションやバイオレンスが大好きという野蛮な趣味志向がジャマしている。でも、荒川弘の漫画は読みたいしなぁ、とジレンマを抱かえていたところに本作登場。

なんたって「戦記」だからね。で、まずは1巻だけ読んだ。この手のものだと幸村誠の「ヴィンランド・サガ」が基準になるので、荒川の絵は、ちょっと迫力不足かなーとも感じるが、読み進めて行くと、彼女ならではの人情ものの味わいも活きてきて楽しく読める(ちなみにTVアニメは未チェック)

しかし、とりあえずこの感覚だと、長く続けないと面白味が出てこないのも確かだし、さてさてどうなることやら。新刊が楽しみな定番作品になってほしいのだが…