2015年6月29日月曜日

第6回前橋映像祭にて

当日配布されたパンフレット
あまり多くを見ることはできなかったが、それでも、いくつか興味深い作品に触れられたのは僥倖だと思う。

たとえば、井原田遥の『RE:OKINAWA』は辺野古基地建設反対運動に参加した若者たちへのインタヴューから構成される20分ほどの作品。映像はスマホか何かで撮ったかのようなラフなもので、音声も、風切りノイズを気にせず使用、端的に素人っぽい。だが、辺野古キャンプシュワブゲート前で行われるカレーパーティに登場した人物が鍋のカレーをすくいながら話すカットが強く印象に残った。夜間、米軍基地の赤い光に照らされ、人の動きを追う画面の大部分は身体の影に埋まり、画面の端にカレーの鍋が映る。ほんの10秒かそのくらいの時間だったように感じたが、その映像を見ながら、俺はとても美しいと思った。この作品はインタビューの連続で基本的にフレームが動かないため、その瞬間ダイナミックに動く被写体が自身の存在を主張し、煮込まれたカレーとともに、闇の中に仄赤い輪郭を浮かび上がらせる。撮影者もそれに対処しようと反応するので現場の呼吸が生き生きと感じられる。すばらしい!むろん、おそらく撮影も兼ねる制作者本人は必死にインタビュー撮影しているだけであって、審美的な意図をもっていないだろう。にもかかわらず、というか、それゆえに、神は慎ましやかな美を与えるのだ。

一方、中森圭二郎の『constellation』は、ずっとプロフェッショナルな技術に支えられたドキュメンタリーだった。雨傘革命の現場にたたずむ老人の顔は東アジアの年輪のようなものを感じさせ、ひまわり運動の痕跡を追ったカメラは台湾の書棚につげ義春や丸尾末広のマンガ本を発見、外国語訛りの日本語を響かせることによって、アジアの文化的地勢図を書き換えようとする。ただ『RE:OKINAWA』のもっていた無垢ゆえに生々しい主体の感覚は、逆に希薄にならざるを得ない。もし、この作品が孕む、いわば内なる課題があるとすれば、こういうことだろう。——制作技術が向上すればするほど制作主体を巻き込むような本物のドキュメントを作るのが難しくなるという映像芸術の逆説をいかに乗り越えるか?

小泉明郎の『男たちのメロドラマ#1』もまた特異なドキュメンタリー作品といえる。軍服姿に日本刀を携えた男が切腹の儀式を執り行なう様子を記録する、と同時に、この儀式はアートパフォーマンスとしても公開されており、終演時には観客の拍手も聞こえてくる、つまり、二重のドキュメンタリー構造をもつのである。また、映像の画面は三つに分割され(キリスト教の祭壇画を模したのだろう)、切腹の儀式を三つの観察点から写しだす。そして、儀式の場に座った男は腹部のあたりに白い粘土を置き、なにやら神妙にこねくり始める。その粘土が形を変えるにつれ、そのパフォーマンスが自慰行為の模倣であることが明らかになるだろう。さらに、三画面のうちの一つには、フェラチオを模した映像が投影合成される。これでもかというくらいしつこく性的に意味付けられた日本固有の儀式はスキャンダラスな意匠に彩られるのだ。アイデアは抜群におもしろい。たいして違和感を感じないのもたぶんこのパフォーマンスの仮説にある程度正鵠を射る要素があるのだろう。しかし、画質はあまり良くなく、三連祭壇画の形式を借用しているのに、一つのスクリーンを三分割しただけでは物足りない。なぜ、スクリーンを三つ準備して映写しないのだろう?ひょっとすると、この日上映した映像は、パソコン等で見るためのサンプルデータなのだろうか?(もしそうなら、そう断りを入れてくれても良かったのに…)

2015年6月26日金曜日

「お引越し」のDVD

昨日、だるめしあんの芝居を見に行く前の待ち時間、新宿の紀伊国屋書店をぶらついていて見つけた。昔のDVDの再版ではなく、HDリマスター版である。2年前、相米慎二監督のレトロスペクティヴのさいに行われた田畑智子のトークショー映像も収録。『舞妓はレディ』(2014年)の田畑智子も良かったが、『お引越し』(1993年)は、まさにこの時代にしか演れない唯一無二の記録。あまり語られないが、この作品の中井貴一も桜田淳子もほんとうに素晴らしくて、日本映画の大傑作だと思う。それに、これを見たら、多くの映画監督が恥ずかしくて俺監督ですと名乗れなくなるのではないだろうか?

2015年6月23日火曜日

Dannerの靴

Danner, 4inch Balmoral Nero
久しぶりに靴を買い替えた。親しい連中は皆知ってると思うが、俺はとてもお洒落さんといえる奴ではなくて、むしろ、UNIQLOのヘビーユーザー、朝、シャツを着るときも、昨日一昨日と同じじゃなきゃまぁOKという感覚なので、身に付けるものもあまり変えたりしない。だから基本、カジュアルでもフォーマルでもごまかしの利くデザインを探すし、シューズにしても、一足履き潰してから次のものを探す。ただ、安物を使い捨てるのも好きじゃないので、自分なりに、多少は一生懸命選ぶ。このシューズも数日探して、財布から16,200円を捻出した。このDannerというアメリカのメーカーはもともとワークブーツを作っていたらしい(靴業界のDickiesみたいなものか?)。ウェブサイトで他の製品を見ても、ガッチリ仕立ててありそうなものが多い。質実剛健というか、仕事用なんだから丈夫で飾らず、でも動きやすい、というコンセプトなら俺としても嬉しい。

2015年6月21日日曜日

6月の観劇


6月10日
◉ままごと『わが星』三鷹市芸術文化センター 星のホール
語りに「ラップ」を利用した一種のミュージカルと言ってもいいのかな?その上演スタイルの斬新さに加えて物語やその主題のメルヘンチックな装い(さらにそこにある種のリアルな感覚をノスタルジーに包んで埋め込むといったきわどい構成もしたたか)、人気上昇中なのも当然だろう。ただ、語り以外の音響、特にテーマ曲の扇情的テイストは個人的に嫌だった。俺にとっては、他の美点を台無しにしてしまいかねない爆弾だったなぁ。音楽は怖い。

6月12日
◉劇団820製作所『せーの』神奈川県立青少年センター 多目的プラザ
正直、よくわからなかった…^^; なので、これは批判じゃなく疑問なんだけど、この作品特有の「詩的な言葉」を舞台上に活かすための物語的演出的工夫としては具体的にどんなアイデアがあったんだろう?脚本上の台詞の意味とかイメージではなくてさ。そこは気になったんだよなぁ。あと、金原並央氏の演技がより安定感を増しているように感じられたのは嬉しかった。まぁ落語素見に初登場した頃の暴れ馬みたいな芸風も懐かしいけどね。

6月17日
◉ピープル・シアター『新宿・夏の渦』両国・シアターX
「死体」をめぐって人々が右往左往するというサスペンスの話法は、もしかすると演劇作品より映画作品に多いのかも。たとえば『グリフターズ/詐欺師たち』とか『ファーゴ』とか、あるいは、ヒッチコックの『ロープ』やアンゲロプロスの『狩人』あたりはもう古典。『新宿・夏の渦』も「死体」の闖入とともに性的マイノリティや民族的マイノリティの問題が噴出するという展開なので、テーマ的にも興味深い。もう少し脚本や演出に切れ味があると良かったとは思うが、たぶん、登場人物の心情表現みたいなところを重視したのだろう。

6月19日
◉Pig-pig Rhythm vol.1 練馬区田柄・Pure Stage
三つのユニットが、それぞれダンス+書道、コーポリアルマイム、二人芝居を上演。チャーミングな作品が多く、それらを小さなスペースゆえの親密な空気のなかで見られるのはとても心地良い。二人芝居「Hot Kidney Beans」は舞台俳優のための一種の「練習曲」みたいな作品だなぁと思った。

*今月はあともう一つ見る予定。

2015年6月18日木曜日

壁一面のポスター

JR池袋駅の北改札を出たところ。めっちゃカッコいい!たしか、今年のカンヌ映画祭でもこの作品、わりと評判が良かったような…ぜひ見たい!昔の「マッドマックス」のシリーズは見たことないんだよな〜!

2015年6月14日日曜日

ひよっこ 500円

上の写真は、友人から送られて来た演劇の公演のチラシの一部。残念ながら見に行けなかったが、こういうのを見つけると好感度アップするね!他者への優しさや気配りに作り手の想像力や志を垣間見るというか、それゆえ、きっと素晴らしい舞台なんだろう!と期待したくなるし。たとえ、普通の人3,000円、貧乏な人1,500円じゃね?と突っ込みたいところであったとしても… ^^;

2015年6月7日日曜日

ぼくらの民主主義なんだぜ

高橋源一郎 著、朝日新書、780円+税
Twitterで高橋源一郎氏をフォローしていて知ったのだが、彼は時々、朝日新聞の論壇時評にこんなのを書きました、と原稿のダイジェスト版を連続ツイートする。その文章がほんとうに素晴らしくて、俺も、リツイートしたり、コピペしたものをFacebookにまとめたりしたし、その完全版や未読の原稿を読めるならと思って本書を買った。ところが、である。いざ読み出してみると、意外に地味というか無難というか、論旨に文句があるわけではないが、どことなく喰い足りない。むろん、一冊の書物として読むには一本の原稿が短すぎるというのはある。小説家である高橋氏が「論壇」を語るのに試行錯誤したということもあっただろう。だが、いちばんの要因は、時評の執筆を始めたのが2011年4月だということかもしれない。311の激震を受け、社会的事象を語ることの困難に直面していたのではないか…

原稿のタイトルを並べてみる。序盤は「ことばもまた「復興」されなければならない」「非正規の思考」「みんなで上を向こう」「スローな民主主義にしてくれ」「柔らかくっても大丈夫」などなど。しかし、本書の終盤になるとこうだ「支配と服従が横行する国で」「記憶の主人となるために」「クソ民主主義にバカの一票」「そこにはつねに、それ以上のことがある」などなど。明らかに言葉のテンションが上がり、アグレッシヴな姿勢を打ち出し、「ぼく」を使っていたはずの一人称が「おれ」になっている原稿すらある。そして、Twitterを通して触れた文章の多くもこの終盤に集中していた。むろん、それらはあらためて読み直しても素晴らしかった。結局「時評」というのは書き手のビビッドな心理心情に影響されてしまうのだろうし、ましてや311直後は、日本中が喪と混乱の重い空気に覆われていたのだ。

本書のテーマは「ぼくらの民主主義」である。難しい哲学や高邁な思想の話ではない。あるいは、おそらくは「民主主義」という現・安倍政権が敵視する思想についてである。戦後70年、あたりまえのものであったはずの「民主主義」があたりまえではなくなるかもしれないという危機感のもと、高橋氏はさまざまな社会問題への処方箋としての「民主主義」という思想、その精神性についての再検証を試みる。だからこそ、本書は311を契機に「民主主義」の危機が急速に高まったということのドキュメントとしても読めるのではないだろうか。

2015年6月2日火曜日

「廃棄」の上映日時!

「第6回前橋映像祭」のスケジュールが発表されました。「廃棄」の上映は6月27日(土)15時30分〜16時30分の回となるようです。

http://maebashimediafestival2015.jimdo.com/time-table/