2015年7月26日日曜日

檄と泉


会田家「檄」
現在、東京都現代美術館で開催中の企画展「ここはだれの場所?」に行った。会田誠が家族とともに、それぞれに考えた檄文を6mの布に墨文字で書き付けた「檄」、会田誠自身が主演する「国際会議で演説をする日本の総理大臣と名乗る男のビデオ」の2作品が観客のクレームによって撤去を要請されたと報道され、撤去されるならその前に見てみたいと清澄白河まで出かけた。「檄」も「男のビデオ」もユーモアたっぷりの作品だ。撤去要請に関してはまるで根拠なし。ふざけんじゃねぇ!としか思わないな。

そのとき見た常設展「戦後美術クローズアップ」も望外におもしろかった。単なる美術史的なセレクションにとどまらず、「戦争」や「戦後」の意味を問いかけるような構成になっていたと思う。

たとえば、遠藤利克「泉」(1991年)という作品は、長さ約19m直径95cmの巨木を焼いたもので、その中軸を円形にくり抜いてある。美術館の展示室には他の作品もあり、時にタールの匂いに誘われ振り向くと、あらためてこの黒く輝く抽象彫刻に気づくことになるのだが、その存在感に圧倒される。抽象的とはいっても馴染みのある樹木が黒焦げになって倒れ、しかも、その中心を失っているのだ。深く言葉を失う体験である。

2015年7月22日水曜日

便利ズーム

いわゆる「便利ズーム」も買った。SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM というもの。評判は良いようだし、2014年11月の発売。汎用的なクオリティを求めるなら、新しい製品のほうが良いかもなぁと思って。35mm換算の画角は27-300mm、画はカリカリしている。まぁ臨時のお仕事用かな。K-3Ⅱのボディと2本のズームレンズ、基本装備はこれで行きます。

2015年7月19日日曜日

ELECTRONIC AGITATION

詩的でエモーショナルでエキサイティング、最高でした!
会場は洗足駅徒歩0分、プリモ芸術工房さん!
いつもデーンと鎮座しているグランドピアノは…
80年前に製造された名器スタインウェイ!
でも、今日の名器は、2万円のXbox360Kinectセンサー!
楕円の箇所がセンサー、右手が舞台、青い帽子を被ってるのが本橋氏
三人のアーティストがコラボした《Alcohol》という作品。システム的には、巣山賢太郎のコーポリアルマイムの動作をモーションセンサーによって電子音に変換、マイムの劇空間を包み込む大島純のチェロも、ポピュラーな作品ではあまり聴かれないノイジーな音を多用するもの。このユニークな音響を統轄しクリエーションしたのが本橋彼方。再演される時には、ぜひみなさん、体験してみてください!

2015年7月13日月曜日

雅の寿司ランチ

ランチにぎり730円
昨日「まめ芝。」を見に行く前にランチを食ったのが、江古田のこちら。まぁカッパ巻きでボリュームを稼いでいるというのは確かだろうけど、個々のネタは、普通の回転寿司より明らかに上。これにサラダと味噌汁が付いてるし、悪くないッス。
寿し処 雅(みやび)
江古田のゆうゆうロードの一角にある、超狭い三角の敷地を使ったお寿司屋さん、意外に長く続いてるよね!と、調べてみたら、2008年5月、江戸雅(えどまさ)としてオープン。2009年春、休業。2009年7月、寿し処雅(みやび)として再オープン、とのこと。
たしかに玉子焼きも旨かった
このとき着いた座席の横には、こんな記事が貼ってありました。こんど夜にも来てみようかなぁ。

2015年7月12日日曜日

恋愛恐怖病

「まめ芝。」という短編演劇のイベント(ワンドリンク付き1,500円)が江古田でやっているというので、ちょっくら見てきました。なかでも「\かむがふ/」という団体の『恋愛恐怖病』(演出:木内コギト 出演:窪寺奈々瀬、村山新〔しみみず〕、木内コギト)が良かった!岸田國士の戯曲を上演!とはいっても、俺、不勉強でまったく知らないのでググッてみたんですが、これは1925年の作品でした。90年前の恋愛かぁ。なんか、それだけで、いいッスよね。ざっくり言うと、男女二人がクールな友情恋愛談義をしているうち自分たちの抑えてきた相手への感情に気づくと同時にみずから翻弄されてしまう、という感じの物語かな…(間違ってたらゴメンなさい)。でも、演出で感心したのは、仮面を使うというアイデアはもちろんだけど、なにより、身体の使い方がおそらくとても厳密に振り付けられていて、ゆったりとした身体のリズムが台詞の言葉のリズムと共鳴していたように感じられたこと。まるで能のような静かでスロウな動きがとても新鮮でした。だいたい映像表現だと強制的にスローモーションにしちゃったりするようなところを、俳優の生身の身体が、じれったいまでの緩慢さで、互いの関係の心情的な距離感、あるいは、個々の内面に滑降していくかのようなヌメッとした感覚を味わわせてくれました。むろん、そのぶん、役者の演技のビビッドな躍動感だとか偶然性に満ちた奔放さといった類いの熱い刺戟は極度に制限されてしまうわけですが、まぁこういう低温型のアプローチがあっても良いのではないかなぁと。観客の意識に直接訴えるのではなく、より間接的に、想像力を喚起する芝居というか。いやいや、なかなか良かったです。

2015年7月11日土曜日

新しい一眼レフ

買ってしまった。PENTAX K-3Ⅱ&HD PENTAX-DA 20-40mm F2.8-4 ED Limited DC WRという新しい一眼レフのシステム。本格的な「写真機」を持つのは、SONYα700を処分して以来、4年ぶり!になる。ボディが10万円、レンズが8万円、レンズは若干高めかもしれないが、その描写に惚れて一眼復活を決めた!

2015年7月7日火曜日

ファイティング蕎麦

粗碾き(数量限定)870
池袋の豊島区役所前の通り、区役所を超えた場所にモスバーガーがあって、その隣りのビルの地下に降りて行く、隠れ家のようなお店「美蕎」。十割蕎麦が売りらしい。ずっと気になっていたのだが、今日はふと思い立ち、突撃潜入。和風テイストのフロアにはジャズが流れている。初めてだし、本格派志向の匂いプンプンなので、ここはとにかく食べてみたい蕎麦一品勝負で。酒も肴もなし。「粗碾き」は、なじみの漢字にすると「粗挽き」ですな。ちょっと緊張。そして我食す。
平日はラストオーダー21:30、土日不定休
うぬぬぬ。大泉学園の「むら季」以上に、ずっしりとした食感。膳の右手にある小皿は塩。これを付けて食べてくださいと言われた。たしかに合う。重量級の蕎麦の麺としょっぱい食塩の刺戟ががっぷり四つに組んだかのようなまさにファイティング蕎麦!むろん、通常の付け汁もダシの風味豊かで美味しいが、個性的なのはやっぱり塩をまぶした食べ方いやぁ、ほんと個性ってあるなぁ。蕎麦道、奥深し。

2015年7月5日日曜日

前橋探訪

先週末は久しぶりの遠出。高崎線と宇都宮線の区別も曖昧、群馬に行くつもりなのに、ふと気づいたら栃木にいた!で、予定より2時間遅刻!ううっ。自分の作品上映にはギリギリ間に合ったが、他の作品を見逃したのは惜しかった。
どこだ?ここは?JR間々田駅だそうです…
お寺の講堂を上映会場に
客席(スクリーンは右手にある)
大連寺の前を通るアーケード街
近所のとあるバーの外壁に掛けてあった
駅名看板、目立ちすぎじゃね?
中央前橋駅のすぐ傍なんだけどなぁ
市街地は広い
JR前橋駅の駅前
街の規模に対して、人が少ないなぁという印象。駅前も整備されていて、さらに駐車場が建設予定となっていたが、こんなデカいのが必要なのか?という気もした。都市計画っていうのかなぁ。いろいろ問題ありそうだなというのをヒシヒシと実感。