2015年7月7日火曜日

ファイティング蕎麦

粗碾き(数量限定)870
池袋の豊島区役所前の通り、区役所を超えた場所にモスバーガーがあって、その隣りのビルの地下に降りて行く、隠れ家のようなお店「美蕎」。十割蕎麦が売りらしい。ずっと気になっていたのだが、今日はふと思い立ち、突撃潜入。和風テイストのフロアにはジャズが流れている。初めてだし、本格派志向の匂いプンプンなので、ここはとにかく食べてみたい蕎麦一品勝負で。酒も肴もなし。「粗碾き」は、なじみの漢字にすると「粗挽き」ですな。ちょっと緊張。そして我食す。
平日はラストオーダー21:30、土日不定休
うぬぬぬ。大泉学園の「むら季」以上に、ずっしりとした食感。膳の右手にある小皿は塩。これを付けて食べてくださいと言われた。たしかに合う。重量級の蕎麦の麺としょっぱい食塩の刺戟ががっぷり四つに組んだかのようなまさにファイティング蕎麦!むろん、通常の付け汁もダシの風味豊かで美味しいが、個性的なのはやっぱり塩をまぶした食べ方いやぁ、ほんと個性ってあるなぁ。蕎麦道、奥深し。