2015年8月30日日曜日

落語素見 喰陰

水道橋東口徒歩4分「ラーメン蟻塚」のみそつけめん
落語会に行ったのに…こんな写真しかない!(>_<)

というのも、今日の落語素見はラーメン屋さんの2階を会場にしたのだった。なので、いつものように入場料は無料だが、ラーメンを注文しないと見られない。ちなみに、このお店「蟻塚」は塩ラーメン豊潤というのがおすすめらしいが、味噌好きの俺の眼にまっ先にみそつけめんの名前が留まってしまったので、もうそこから逃れられない状態に。でも、美味しかった。付け汁の味噌、赤だしの風味やバランスがね、すごい好きだった。ただ、つけめんの付け汁としては、これじゃあ少し薄口すぎない?これなら普通のかけそば式のほうが良くない?と思った次第。

そんなこんなで、食後にいつもの落語素見。今回は落語の噺をお芝居にして素見師匠も参加するらしいと聞いていたけど、企画が変化球ぽいので、正直まったく、これっぽっちも、期待していなかった!が、すんません!甘く見てて!始まって、ええぇ?なんか、ちゃんとしてんじゃん?と。この「ヤレ違い」という作品、詳しくは説明しませんが、まずまぁ「愛され変人」とでもいうべきか、等身大の役柄を楽しそうに演じるアンディ本山、逆に、憎まれっ子世に憚る的というか、ケツバットを喰らわせたくなるようなペラッペラな青年を演じるのが西村俊彦、さらに、根は善人かもしれないけど「間の悪さ」が酷すぎて誰も近づくことのできない「愛の真空地帯」ことイリュージョン亭素見師匠、この曲者三人の接着剤的役回りを機転良く捌いていたのがイリュージョン亭小麦こと金原並央。個々のキャラクターが際立っていたし、これは今後イリュージョン亭作品の定番にできるんじゃないですかね?まぁ褒めるばかりじゃなんなので軽く文句もつけさせてもらうと、携帯のシーンはちょっと間延びしてたと思いまーす。

で、次の演目、落語「心眼」は物語のアイデアがおもしろいし、小麦さんの語りもますます安定感を増してました。落語というよりは一人芝居ぽかった気もしますが、おもしろければどっちでもいいやというか。あえて欲をいえば、彼女が男役というか男っぽい台詞を語るときの言葉の響きがね、もっと馴染んだ感じに聞こえると物語の世界がさらに自然にスウッと立ち上がるようになるんじゃないかなとは感じたかな。やっぱり落語の噺は男が中心人物で女は脇役という作品が多いので、女性は不利ですよね。前回演った現代落語の「ハンドタオル」は女性主役(でしたよね?)だったので、男っぽい声の作り物感が気にならなかったのかもしれませぬ。

最後に、素見師匠の「木乃伊取り」はもちろんいうことありません。単純で、バカバカしく、だから最高!っていうある種の理想型。今日は枕から本題にサラッと入ったのが、マジに驚愕でした。