2015年9月27日日曜日

戦争と平和の閾

Tシャツの絵柄。People…の言葉はパティ・スミスの歌からとったんだと思う。
デモをするのは日本国憲法に守られた国民の権利だし、その憲法は日本の主権が国民にあることを明記している。つまり「国民主権」を守るために「デモをする」ことは、その目的においても手段においても完璧に正当なものである。だから「選挙の結果なんだから(デモなどで)文句を言うな」という類いの意見はまるでヤクザの脅し文句のように聞こえる。櫻井よしこは「憲法が権力を縛ると言うが、それなら選挙は何のためにあるのか」と発言したそうだ(NHK日曜討論)。彼女のような右派の論客はしばしば個別政策論と政治の原則論というか憲法の議論を意図的に混同し、原理原則の懐に深く侵入、政治の本質を根底からねじ曲げようとする。たとえば、右派は「自衛隊だって憲法解釈を経て受け入れられたじゃないか」という。自衛隊の存在についてはリベラルな論者のなかでも意見が分かれるところだが、ちょっと待て。もし仮に「自衛隊がOK」なら「自衛隊が戦争参加することもOK」で良いのか?こうした議論の誘導が右派の論法の定石だと思う。たしかに、現代の複雑な国際政治や戦争戦闘技術のハイテク化のもとで、何を「侵略行為」と呼び、何を「自衛手段の行使」と呼ぶかを判断するのは難しいだろう。経済問題が国際紛争の大きな要因であることも踏まえれば、戦争と平和の閾がきわめて曖昧になっているというふうにもいえる。そこで右派は「そんな高度な判断を下すのは(国民には)無理なので、専門家(政府)に任せなさい」というわけだが、その主張こそが右派の仕掛ける罠であり地雷である。世界の現実が混乱しているからこそ、余計、原理原則を問う本質論が重要になるはずだ。にもかかわらず、原理原則の砦である憲法の改正が難しいならその解釈で対応するという安倍政権の強硬姿勢は、民主政治の本末転倒以外の何物でもない。「安保法制反対デモ」は安全保障政策を否定するものではなく「国民主権を蔑ろにした立法など逆に国民を危険に晒すだけだ」という本質論的な懐疑と危機感の表明なのである。

2015年9月23日水曜日

そぞろの民

「そぞろの民」作・演出 中津留章仁
俺が西村俊彦くんと撮った『廃棄』という短編映画はひどくまわりくどい反原発作品といえる代物なのだが、ただそれは、そのまわりくどさこそが芸術表現にとって重要なものだと考えたからだ。回り道をする必然がなければ、ドキュメンタリーにするか直接デモにでも行ったほうがよっぽど有益だと思う。

先日見たTrashmastersの演劇作品『そぞろの民』はその芸術表現のまわりくどさをある程度ショートカットして扱っていた。つまり、社会問題を直接扱うという意味で野心作らしいということは事前に知っていたので、俺はやや警戒心を抱きつつ見に行き、そして、やっぱりなぁという感慨を抱いた。

まわりくどさの仕掛けもあるにはあったが、あの構成(ネタバレになるので詳細は書かない)は強引というほかなく、この物語なら、なぜコメディにしないのか!と不満だった(もちろんブラックコメディになるだろうが)。ひょっとすると、シリアスに語ったほうが商売的に有利と判断したのだろうか?でも、このままだとやはり、脚本・演出ともに失敗と評価せざるを得ない、というのが俺の意見である。

また『そぞろの民』は、ざっくりいって日常に隠れた政治的日和見主義を批判しているわけだが、政治的姿勢について本気に考えるなら、賛成でも反対でもない第三の立場は、芸術表現ならではの自由な見解や異論を語るのに相応しい貴重な領域である。にもかかわらず、そこを批判告発の対象とすることによって新しい視点を獲得する可能性をみずから捨ててしまったようにもみえる。

あるいは、もっと突っ込んでいえば、問題の難しさは、昔ながらの日和見主義よりも、日本の大衆が政治的対立を意識的にも無意識的にも回避し、あれよあれよと非政治的に脱色してしまうというような社会学的特性にこそあり、その政治的意識の忘却システムについて分析したほうが、より現代的な意味があるのではないだろうか?

ただ、役者はみな魅力的だし、舞台美術はとても気に入った。昭和の香り豊かというか、ノスタルジーを喚起する方法として、丁寧に細部を再現するというのもそれはそれで効果的だし、あの装置で他にもいろいろな物語を見てみたいと思った。

とまぁこう文句を言いつつも、様々な問題を考えさせてくれるので見に行って良かった。みなさんにも、ぜひ見てほしい作品だ。

*『そぞろの民』は9月27日(日)まで、下北沢駅前劇場にて上演中!

2015年9月19日土曜日

民主主義って何だ?


9月18日の国会前デモ
昨日のデモは、ぼくの行った時間帯は普通の人々というか一般市民という感じの方がとても多く、老いも若きも幅広い世代の人が集まっていたという印象。アピール方法ではペンライトやら鳴り物やらが賑やかだし、SEALDsのコールはラップのリズムを刻んで夜の闇を切り裂きく…雰囲気的には、ちょっとした都市のお祭りぽかったかな。

安保法案は成立してしまいましたが、今後、法案の違憲性および法案成立の不当性(参議院特別委員会で議事録もない混乱の下、一方的に可決を宣言した)などを訴える闘い、すなわち、民主主義憲法を破壊する者たちとの新たな闘いが始まるはず。「民主主義って何だ?」「これだ!」——とはSEALDsの叫ぶコールの一つですが——まさに、ここから民主主義を始めよう!ということですね。