2015年11月29日日曜日

Good-bye, Mac Pro.

Mac Pro (2008 early)とIO DETAのディスプレイ
昔のパソコンはバカでかい本体とテレビのようなディスプレイをセットで買うのが普通で、家によっては、床の間の掛け軸の前に鎮座させたりしたもんです。「ウチもパーソナルコンピューターってのを買ったんだがね。もう、なんでもできちまうらしいんだよ」「へぇ、たとえばどんなことが?」「まぁ…難しいことはよくわからないんだが…とにかく最新型、新しい時代なんだな…」そんなことを言いながら、大金払って「床の間の箱」を買ったのです。

そんな与太話はともかく、わが家も2008年に買ったMac Proを手放すことに。ただ、パソコンにはリサイクル法というのがあって、自治体は回収してくれない。買った店に問い合わせろというけれど、そんなん覚えてねーよ、超面倒くさそう、と思っていたが、最近は多少事情も変わったようで「壊れててもいいから無料で引取ります」という一般事業者も現われた。しかし、このMac Pro、手を加えればまだまだ悪くないスペックは維持できるはず。個人でメンテナンスしようとすると、型が古いだけに、対応するパーツなどの選択肢も限られるし、割高になってきたけれど。と、そんなこんなの悶々で今日、買取りセンターに持ち込むことになったのだった。もう、ドキドキである。デカい上に20kgを超えるのでタクシーを使って運ばなきゃならないし、それで「引取れません」と言われたら、まさに泣きっ面に蜂…

結果は、腐っても鯛というか、約1万4,000円で買ってもらえました。増設した内蔵HDDは必死に「0消去」したのに、査定にあまり関係なかったらしいのが残念。まぁ贅沢はいえませぬ。ディスプレイのほうはさすがに買取りが難しかったので無料回収に出そうと思っていたら、偶然近所に、粗大ゴミの巡回引取り業者がいたので持って行ってもらった。最初1,000円要求されたけど、500円に負けてくれたところで妥協。

この巨大なMac Pro、造りもこんなに立派なので、10年とか15年とか使い続けられると良いんですけどね。いかんせん日進月歩の世界というか業界自体が買い換えを促すよう舵取りしてるんだろうし、5年くらいで厳しいなぁという感触。それでも、デジタル映像製作ツールとしてのパソコンは、虚飾なく、わが頭脳であり心臓でもある。どんなシステムを組むかという判断は難しいところです。