2016年2月28日日曜日

五百羅漢図展

東京メトロ六本木駅から延びるコンコース沿いの看板
五百羅漢図 〈青竜〉より
五百羅漢図 〈玄武〉より
五百羅漢図 〈青竜〉より
〈荒城の月〉
五百羅漢図 〈白虎〉より
森美術館の「村上隆の五百羅漢図」展は最高に良かった!めちゃくちゃカッコ良い!〈青竜〉の大津波や〈白虎〉の大火炎など、人知を超えて狂乱する自然界/人間界のエートスを絵画的マチエールを駆使して描き切った、というか。この作品で500体描かれた「羅漢」というのは釈迦の弟子であり修行僧のことらしいです。それに「五百羅漢図」以外の展示もけっこう良くて、たとえば、〈荒城の月〉という作品なんかちょっとキモオシャレとでもいうか、個人的に大好きでした。見ていると、ドクロのカタカタ鳴る音が音楽のように響きそうなんですよね!