2016年4月23日土曜日

零れる果実

東京・参宮橋トランスミッションで、やさしい味わいの『零れた果実』を見た。もうめちゃめちゃおもしろかったが、どうおもしろいのか伝えるのがこれまためちゃめちゃ難しい。
 劇中、アンディ本山演じる中年男が、部屋にある果物ナイフを手に取り「このナイフってリンゴを剥くために使っているつもりだったが、思い返すと、リンゴでナイフを研いでいるようだった。ナイフは切るためではなく研ぐためにあるんだ…」という、ちょっと奇妙なセリフを語る。で、芝居を見終わってみると、このセリフが作品構造を端的に言い表しているような気もするのである。
 『零れた果実』の物語は、エイコという女性が失踪した後の部屋に集う、互いに見知らぬ者たちのやりとりが大半を占める。ところが、彼らの言動がイマイチ解りにくい。なぜなら、彼らのセリフの多くが舞台上の物語に沿って事態を説明するというより、自分の感覚や感情や考えを直接吐露しているので、それを説明不足のまま受け取る観客は途方に暮れてしまうというわけだ。
 言い換えるなら、この作品の登場人物たちは、本来背景にあるはずの個々人の記憶を生のまま持ち込み、傍若無人に語り始めるのである。その意味で、この空間は舞台の前景と後景、内部と外部、表と裏の関係が揺らいだり反転したりする世界である。劇中、肉体的な「嘔吐」の行為が強調されるのも、だからこそだろう(内部が外部に露呈する…)
 ただ、こうした一見とっつきにくい前衛的な語りが、この密室的舞台を思いのほか広く風通しの良いダイナミックな演劇空間に変貌させるのは驚きだ。鑑賞の際に注目してみてほしいけれど、この作品では、舞台上に登場人物が多ければ多いほど、アナーキーなカオスの到来を予感させてドキドキできるのではないだろうか?
 舞台美術や照明、音響効果などもこのコンセプトを汲み取り、実に刺激的な舞台になっているので、興味をもたれた方には、ぜひお薦めしたい。今日の土曜は2回、日曜の1回、まだまだお席はあるそう。今がチャンス!

公演情報はこちら!