2016年5月23日月曜日

おやすみプンプン

浅野いにお 著、小学館 刊、全13巻
『おやすみプンプン』ざっと読了。たとえば「父の不在」みたいなテーマは昔からあったが、この漫画は「父」だけでなく「母」までもが崩壊や喪失の危機にあるという物語だと思う。そして「子」は庇護者であるはずの母の愛を得ることなく、みずからの生のよるべなさに絶望する、という…ほんとにキツい話だった。

作品の醸しだすリアリズムという意味でも、現代の世相を強く反映していた。ただ、彼が世界観を立ち上げるアプローチ、家族関係の捻じれによって物語にリアリティや心理的な深さを与え、読者への感情的な訴求力を高めるやり方はとりたてて新しいものではないし、個人的には、あまり好きではない。

感情に対してあまりに無防備すぎるというか、「家族」という閉じた空間のなかで感情ばかりが肥大化し、その感情が生起した因果関係や構造的な細部が見え難くなってしまうからだ。いわば、感情表現そのものが感情の本質や真実を覆い隠してしまうのである。それはこの『おやすみプンプン』も例外ではないだろう。

だがしかし、この漫画には、そうした感情の肥大化が人間をモンスターに変えてしまうという新しい視点があり、だからこそ、とてもおもしろく読むことができた。いやむしろ、そのことへの危機感がこの作品のテーマだと言うべきかもしれない。漫画作品として優れた画力を見せながら、主人公とその家族のみを粗雑なイラストのように描き続けたことの試みは、読者の感情移入を一部制限し、人間の悪魔性を客観視させるのに抜群の効果をもたらしたと思う。

あと蛇足だが、プンプンに絡んだ漫画家の女の話はあんまり上手く機能してなかった気がする。特に終盤「事件」が起こってから、三つのストーリーラインを同時進行させるのは、物語を単にガチャガチャさせてしまうだけのように感じた。

さらに蛇足の蛇足を言うと、鹿児島への逃避行は、ちょっと成瀬巳喜男の『浮き雲』を思わせるようでもあり、とても良かったので、もっとストーリーを整理し、旅をダラダラ長引かせ、愛と生と死のドロドロを読んでみたいと思った。

2016年5月2日月曜日

階級構成とは何か

廣瀬純編著『資本の専制、奴隷の反逆』(航思社)の刊行を記念して行われた対談で、廣瀬氏は次のように語る。「反原発運動、反安保運動の真の敵は安倍でも経団連でもなく、連合[日本労働組合総連合会]であり、連合のような組織によってその利益が代表されている人々だったと言えるはずです。今日、[1%対99%というスローガンが叫ばれるが、その]99%のうちには、自分の労働力を資本と等価交換できている「労働者」と、あからさまな不等価交換を強いられている「奴隷」とがいる。原発再稼働や武器輸出自由化、新安保体制はいずれも労働者を利する措置にほかならず、逆に、これに反対するとは、労働者に対して階級闘争を挑むということです。反原発にも反安保にも、労働者に対する奴隷の反逆という側面があった。[中略]いずれにせよ、反原発も反安保も99%がみずからを二つに割る運動だった、階級分裂を通じて新たな階級が構成される運動だったということです。」つまり、反原発や反安保といった政治運動が現代日本のどのような経済基盤のもとにあるかを考えるなら資本主義はいまだに強固な壁であり続け、世界的にも、資本主義的帝国主義的暴力の問題は何一つ解決していない、という…