2016年7月2日土曜日

欺瞞と暴力

by Carios Latuff
日本の防衛装備庁が(パレスチナ市民を殺しまくる)イスラエルと共同で武器開発を目論んでいるという。――「自国の防衛」の名のもと「死の商人」となり、私腹を肥やそうっていうわけだ。――それはつまり、われわれ日本人の生活が反吐の出るような自己欺瞞と他者への暴力の上に成り立っているということだ。クソッ。