2016年7月9日土曜日

デモとしての投票

by Carlos Latuff
結局、選挙の投票に行く理由って「政治家へ圧力」をかけるためだと思うんだよね!良い政治家を選ぶとか、優れた施政者を讃える場では絶対ない。デモと同じか、デモ以上にデモ。仮に投票した候補者が当選しなくても、投票率は政治家の意識に大きな影響を与える。たとえば、自民党が国民を舐めた政治してるのもそう。有権者の半数しか投票しないから、権力掌握者は数の読める組織票やら既成の支持者層の票だけで権勢を保持できるだろう、無投票層のことなんか気にしなくていい、と考えるわけだけど、これが70%、80%になれば、情勢はより流動的になる。見えない圧力がかかる。ちなみに、前回2014年の衆議院選挙は戦後最低の52.66%!これじゃあ、つまんない!政治家、ビビらそうぜ!