2016年8月30日火曜日

辺獄のシュヴェスタ

竹良実 著、小学館、552円+税
最近読んだマンガのなかで当たりだったのがこれ。16世紀ヨーロッパ、魔女狩りの生贄となった母親の復讐を果たすべく、仇のいる修道院にみずから潜り込み、数多の苦難を潜り抜けて闘うという少女のお話。熱く燃えたぎる憎悪を闘争エネルギーに変えるさまがワクワクさせる。第3巻まで刊行。