2016年12月29日木曜日

世界の見方を変える

ここしばらく、映画を見たり、演劇を見たり、本を読んだり、といったことに自分が何を求めているのかというのを漠然と考えていた。みんなは何を期待しているだろう?「そんなのない。おもしろいから見るのであって、結果、おもしろいかおもしろくないかだけだ」というのも立派な回答の一つだと思うが、でも、じゃあ自分でもなにか作ってみたいというふうに立場が変わると、途端に、そういうシンプルな目では見られなくなってしまう。さんざん考えて出した結論は、俺は、やっぱり世界の見方を変えてくれるものが最高じゃないかと思った。強く感情が揺さぶられるものも良い。知らない世界へ誘ってくれるものも良い。ただ、自分が知っていると思い込んでいた既知の世界の見方が変わるときほどスリリングな体験はないと思う。過去のエントリーでも時々触れたが、2016年に見たなかで特に影響を受けたものを選ぶなら『フォルケフィエンデ—人民の敵—』かな、と思った。この作品が描いた世界は特別に新しいわけではない。でも、130年前の世界批判が今日まったく同等の重みをもっているということをまざまざと見せつけられて、ちょっと狼狽えてしまうほどだった(ナチスの台頭以前なんだよなぁ)。「多数派が正しいとは限らない」という視点は、最近でいうポピュリズム批判であり、欧米では「ポスト真実」なんて言葉で語られるジャーナリズムの最新動向とシンクロしている。つまり、現在問題になっていることは目先の一時的な障碍ではなく、100年以上前から存在した政治的問題が汎世界的に広がり、潜伏し、連鎖的に表面化したという歴史的光景が明らかになったのである。だからといって、古典作品や社会派を礼讃したいわけではない。むしろ、社会派の芸術に対しては強い警戒心が働いてしまうタチなのだが、それは問題の大小ではなく「世界の見方」を変える体験のほうがより重要だと思うからだ。