2017年1月29日日曜日

キャロル

監督:トッド・ヘインズ、出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ
とても美しく、完成度の高い作品で、すでにいろいろ語られているだろうし、おそらく、そこに付け加えることもないだろう。ここでは、ごく記録的な覚書きを。

映画はDVDで断続的に見た(残念だが仕方ない)。ざっくり言って、最初の30分が偶然の出会いから恋に落ちるまで。次の30分は、その恋が成就するまで。残り1時間が、恋の顚末。もっとも惹かれたのは、スタートダッシュの30分。短く断片的なカットの積み重ねで、二人の出会いが決定的な意味をもつまでを丹念にサスペンスフルに追いかけていて素晴らしい。まるでブレッソン映画のようだ。

次の30分は、実はそんなにおもしろいとは思わない。二人はすでに出会ってしまったのであり、あとは、彼女らの生きる環境を説明するだけだからである。ただ、物語を追うわれわれには必要な情報でもあり、文句を言う理由もない。後半も、けっしてダレたりはしないが、二人の逃避行からあっさり日常へ帰ることを決断するのは物語の時代背景に負うているのだろう。そこでは、抜いた刀を物語の鞘にどう収めるかが関心の的になる。

最後のカットはお見事。このカットの素晴らしさは、何を見せるかということと何を見せないかということのバランスが拮抗し、そのせめぎあいがシーンの緊張感になっているところだ。「カット」という映画用語はほんとうによく名付けたもので、映っていることよりも、その映写を中断することに意味がある。演劇でいうと暗転の使い方が見事というような話になるのだろう。ただ、それは実存をもたない映像のほうがよりラジカルな表現になるはずである。

それにしても、前半はいささかとっつきにくい女性にも見えたキャロルの人物像が後半どんどん人間味あふれて魅力的になっていくさまは圧巻だ。愛や勇気や思いやりが一体のものとして理想的に語られ、それが綺麗事には感じられない。ちょっとスキがなさすぎるくらいだが、それでもケイト・ブランシェット、恐るべしである。