2017年4月24日月曜日

権威主義について

Carlos_Latuff
昔も今も日本人って想像以上に「権威主義」が染みついているんじゃないだろうか?今のわれわれが直面しているのは、日本社会の権威の館に安倍が陣どり「権威の独占」をしゃにむに進めている状況である。安倍晋三はまさに権威主義者として行動する。Wikipediaによると「硬直化した思考により強者や権威を無批判に受け入れ、少数派を憎む社会的性格」を権威主義的パーソナリティと呼ぶ。俺が思うに「権威主義者」自身にはけっして真の権威は宿らないので、虎の威を借るほかない。そして、自民党や安倍政権の「虎」は間違いなくアメリカである。だから、彼らはアメリカに対して下僕のように従い、日本国民に対しては(政府の)下僕のように従うことを要求する。こうした隷属化の連鎖こそが権威主義社会の本性なのだ。われわれ日本人は昔からの弱点であるこの権威主義的パーソナリティを克服すべきだと思う。