2017年5月10日水曜日

フレームで考える

海街diary 8「恋と巡礼」より
写真や映画や漫画の話法に共通するのはフレーム表現の重要性である。何かを表現するためにフレームを巧みに使うというよりも、フレームでしか表現できないやり方によって何かを発見すること、の悦び。なんの変哲もない行為や行動を、ひいては物語そのものを、さりげなくも新鮮に見せてくれる。こういうのが、ほんとうに好き。大好き。