2017年5月24日水曜日

プロテスタンティズム

深井智朗 著、中公新書、800円+税
中世以来のキリスト教の宗教改革について、とても興味深く読んだ。宗教改革の歴史は政治改革の歴史でもあるという視点がその基底にあるのだろう。たとえば、第6章の「保守主義としてのプロテスタンティズム」など、現代ドイツ政治への見事な注釈となっている。

戦後ドイツのプロテスタンティズムは、単なる宗派の独善的な優位性の主張ではなく、多宗派共存のためのシステム構築の努力を続けた。プロテスタントとは、カトリシズムとの戦いを続け、その独自性を排他的に主張してきた宗派であるだけではなく、複数化した宗派の中で、共存の可能性を絶えず考え続けてきた宗派であり、むしろ、後者が私たちの今後の生き方だと主張するようになった。[中略]今日、プロテスタンティズムを保守と呼ぶ場合、それは[中略]異なる立場との共存というもう一つの自らの宗教的伝統のみならず、ルター以来の政治と宗教の作法を逸脱するような勢力の活動や発言に対して「否」を言うという意味でである。2016年にドイツ社会が難民問題で揺れ動き、並行して極右勢力の排他的で不寛容な政策が力を持つかに思えた時に、ルター派の牧師の娘として生まれた、キリスト教民主同盟のアンゲラ・メルケル(1954−)ドイツ連邦共和国第8代首相が、その動きを強く否定したのは、このことと深く関係している。

ここで言及されたメルケルの政治姿勢は、極東日本から見ると、ほとんどリベラルの主張ど真ん中にしか見えず、なんかすげぇと驚くしかなかったので、本書の考察になるほどなぁと唸った。16世紀以来の宗教改革の伝統があってこその、かぎりなくリベラルに近い保守主義といえるのではないだろうか。宗教改革恐るべし。