2017年7月7日金曜日

安倍辞めろ!は左翼じゃない。

俺もよく「小池百合子の極右め!」とか口走っちゃうけど、同様に、体制派の人は「安倍辞めろ!」なんて言うのは「左翼だ!」と主張する。でも、俺は「安倍辞めろ!」と言っただけではゼンゼン「左翼」じゃないと思う。まぁ右翼/左翼なんて俗語といやぁ俗語だし、語源を遡って厳密に定義してもあまり意味がない。ただ、日常の言葉としての意味を明確にするなら、現在の日本国憲法を基準に考えるのがわかりやすいのではないか。日本国民が主権者であることを示し、その諸権利を守るためにこの憲法があるのだから「憲法を守れ!」というのはゴクゴク普通の態度である。だから、そこであえて「憲法を変えろ!」というのであれば、憲法の何をどう変えるかという傾向において「右」と「左」に分かれることになる、という考え方。つまり、復古主義的な改憲を求める自民党は明らかに「右翼」だし、違憲の疑いがきわめて濃厚な立法(特定秘密保護法・安保法制・共謀罪など)を連発していることからも「極右だ!」と見るのは当然で、実際、海外の報道ではそう語られている。そして、われわれが「安倍辞めろ!」と言い続ける理由は、安倍政権のスキャンダルや現行憲法を軽視する姿勢に対してなのだから、やはり、右でも左でもない「中道」のポジションと呼ぶべきだと思う。それでも、体制派はこれからも「左翼だ!」と切り捨てるだろう。でも、われわれはわれわれの生活と権利を守りたいだけなのだから、「通販生活」が言うように、それを左翼と呼びたいなら左翼でけっこう、と答えればいいんだけどね。